腸内環境の改善|個人差があることを理解しよう|生理前のPMS症状は人による

個人差があることを理解しよう|生理前のPMS症状は人による

腸内環境の改善

錠剤

不調の原因は善玉菌不足

運動不足やストレス、偏食などによって善玉菌が減少します。そして、腸内の悪玉菌が増加すると腸の働きが悪くなり、下痢や便秘、肌荒れなどの不調を引き起こす原因になります。そんな時は、定期的にビフィズス菌を腸内に補給して、善玉菌を増やし腸内の環境を改善すること大事です。ビフィズス菌は酸や酸素に弱く、ほとんど胃酸で死滅してしまう可能性が高いため、食事から増やすことが難しいものです。そんな時は、ビフィズス菌サプリで手軽に摂取することをおすすめします。ビフィズス菌サプリであれば、無理なく毎日続けられます。ビフィズス菌サプリで積極的にビフィズス菌を補給して、善玉菌を増やして腸内環境を整え、不調を改善しましょう。

腸内環境を整える

ビフィズス菌サプリは、酸や酸素に強い種類の菌が使われていたり、耐酸性のカプセルで菌が守られていたり、ビフィズス菌を生きたまま腸まで届けることができるなど、いろいろな種類があります。まずは、ビフィズス菌が生きたままで腸に届ことが大事ですので、胃酸に強く生きたまま腸まで届けるタイプであることを確認しましょう。そして、ビフィズス菌サプリメントの効果を高めるために、善玉菌のエサとなるオリゴ糖などが配合されているものなどを選ぶと良いでしょう。また、何種類もの菌が入っているもの、1粒に何億もの菌が入っているものなど、自分に合ったサプリを選んで、効率的に腸内のビフィズス菌を増やし、健康的な腸内環境を目指しましょう。