女性を生涯守る|個人差があることを理解しよう|生理前のPMS症状は人による

個人差があることを理解しよう|生理前のPMS症状は人による

女性を生涯守る

ファミリー

大豆製品の中に含まれているイソフラボンが腸内細菌によりエクオールに変化し、それが女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをすることが分かってきて、特に更年期前後の女性には注目と人気を集めています。更年期症状・更年期障害を和らげ、骨粗しょう症となる骨密度の減少を抑えたり、高血圧・脂質異常・、高血糖や肥満などから動脈硬化を起こし病気へのリスクを減らしたり、また、女性には大敵となるシミの改善や美白効果を抗酸化作用により期待できます。そして、乳がんの抑制や、男性にとっても、男性ホルモンの働きを抑えることから脱毛対策となったり、前立腺がんにもエクオールは効果的な働きをするのです。生活習慣病などから寝たきりとなるのを予防したり、健康的な生活を続けるために欠かせない成分と言えます。

スーパーイソフラボンと言われているエクオールを作ることができる腸内細菌は、誰の腸内にでもいるものではありません。それなのでエクオールを作ることができる人と、できない人がいます。日本人では2人に1人だけが作ることができるのです。大豆イソフラボンが体に良いと積極的に摂っても効果を十分に得られないこともあります。自分がエクオールを産生できるのかどうかを、簡単に尿を調べることで分かります。エクオールを産生できていないとわかった場合には、食事で納豆や粕漬けなどの発酵食品や、オリゴ糖や食物繊維などを摂りながら腸内環境を整えることや、エクオールを含んだ食品などの栄養補助食品を摂ることで体調をしっかりと整え健康的に過ごすことがすすめられます。