個人差があることを理解しよう|生理前のPMS症状は人による

女性を生涯守る

ファミリー

エクオールは特に閉経前後から体調が崩れたり、老化や生活習慣から病気へのリスクが高まっていく女性にとっては、そのエクオールが持っている作用により健康維持が期待されています。腸内でイソフラボンからエクオールを産生することができない場合には栄養補助食品を摂ることでその効果を得ることができます。

More Detail

正常な血糖値の指針

血液

糖尿病の診断のために、以前は空腹時や食後に血糖値の測定を行っていましたが、最近はさらに正確な診断のために、ヘモグロビンa1cという値が用いられています。この値が正常値を超えると、糖尿病予備軍あるいは糖尿病であると診断されます。その診断をされないためにも、日頃からの生活習慣がカギとなります。

More Detail

腸内環境の改善

錠剤

ビフィズス菌は、腸内に存在する善玉菌で、健康に良い働きをします。便秘がち、肌が荒れやすいなどの不調がある人は、腸内のビフィズス菌が不足していますので、ビフィズス菌サプリをとって腸内環境を改善しましょう。

More Detail

女性はイライラしやすい

レディー

生理前のイライラ

生理前は、過食や、睡眠不足、イライラ、頭痛、腹痛で悩む女性も多いでしょう。PMSは、誰でもなる可能性があり、特にストレスが多い月は、ひどくなることもあります。アロマや、漢方、ハーブティーなどで緩和させることができるので、自分の症状を知って、身体と向き合いながら付き合っていくことが大切です。無理をして我慢していると、周りの人に迷惑をかけたり、ケンカになり、自分を責めてしまうこともあるので、産婦人科を受診してPMSについて、相談してみることも大切です。PMSは、個人差があり、症状もさまざまなので、日常生活に支障をきたすような場合は、早めに病院を受診して治療をすることが大切です。ホルモンバランスの乱れによるものなので、ゆったりと構えることも大切です。

ゆっくり過ごす

毎月、イライラして嫌な時期になるのがPMSですが、自分の症状を知り、身体を知ることで、症状を緩和させることができます。生理前は、予定を入れすぎないで、ゆっくりと過ごすことが大切です。いつもイライラしてしまう人は、周りの協力も大切になります。家族に理解してもらうことで、体調が悪い時期だと知っててもらうことで、精神的にも楽になります。PMSは、好きなことをしたり、リラックスできる方法をみつけて、楽しく過ごすことを考えましょう。甘い物の食べ過ぎが、症状を悪化させるので、大豆や、ナッツを積極的にとるようにしましょう。また、昔からビタミンCはPMSの症状の緩和に効果的だと言われてましたが、最近はそれ以外でもチェストベリーや大豆ペプチドの緩和効果が認められています。そのため、これら成分が配合されているサプリメントを摂取することで、症状を和らげることができるでしょう。